2009年12月12日

西洋医学はガンを治せません

「西洋医学はガン、糖尿病、肝臓病、アトピー

などの慢性病や難病は治せません。

というのは西洋医学は対症療法の医学

だからです」

(ガンは全身病であるのに氷山の一角の

腫瘍を消すことで事足りたとし再発を招き

患者を死亡に至らしめる3大医療法が

その典型です)

と断言するのは宇宙は見える世界と

見えない世界の2元構造であることを

主張し宇宙エネルギー、波動などの啓蒙を

行ってきている深野一幸工学博士の言葉です。

その理由として

 1.西洋医学は物質に限定された現代科学に

  基礎を置くため病気の根本原因が

  つかめない

 2.現代医学の基礎である生物学が

  間違いの多い学問である

  一番大きな間違いが「血液は骨髄で

  つくられる」ということ

  正しくは「食べ物が腸で血液となり
  更に肉となり骨になる」のである。

3大療法の間違いを正すべく玄米菜食を

中心に統合医療を行ってガン治療に

多大な効果をあげている正義の医師達は

ほとんどが「腸造血説」に基づいた医療を

展開してます。

お茶の水クリニック森下敬一、鶴見クリニック鶴見隆史、

小沢医院 小沢博樹 などなど

参照  「ガン、難病を治す7つの療法

                深野一幸著
posted by 夢老人 at 12:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

3大療法告発!

ガンそのもので死ぬ患者は少ないです。

元凶は化学療法(抗癌剤)にある」

「僕に言わせれば、現代医療のガン治療は

犯罪に近いですよ。

医者だから犯罪者と言われないですむんだけども

そうでなかったら、何百人何千人、日本の医者が

逮捕されているかわからないくらいですよ。

本当に腹がたちますよ。

僕はこういう医学界の中に入っておって

はづかしい思いです。」

   「論より証拠のガン克服術」中山武著より

こう語るのは日本ホリステック医学協会理事兼

中部地区支部長、いずみの会理事の

医学博士、薬剤師 長谷川信博です。

抗癌剤を平然と使う犯罪者のいる病院には

近づかないでください。

金を払って殺される必要が何処にありますか。

正しいガン治療を進める団体

NPO法人 いずみの会 代表中山武

NPO法人日本ホリステック医学協会 会長帯津良一

NPO法人ガンの患者学研究所 代表川竹文夫
ラベル:3大療法 抗癌剤
posted by 夢老人 at 08:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。