2010年01月30日

医師会を脱退した本物医師の本音

3大療法(抗癌剤、放射線、手術)を標準治療とする

癌療法が癌には無力ばかりか積極的に患者を

死に追いやるということが世界の常識になっている

中、なぜ日本だけ癌死亡者を増やし続けるのか。

患者を見殺しにする医師会に愛想を尽かし本当の

医療を追求するため医師会を脱退せざるを得なかった

1人の医師の本音をお聞きください。

「今から20数年も前、私が大学病院に勤務していた頃から

癌や慢性病は治る筈のないもの、現代医学では

太刀打ちできないものという考えがすでに医学会での

通念になっていた。

それにもかかわらず、なぜ野蛮で残酷、有害な

現代医学的治療をなかば強制的に患者へ

押し付けるのか」

 「治す医者か、ごまかす医者か」小沢博樹著より


posted by 夢老人 at 18:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

癌患者 笑顔の革命 1100人集会

 こんなにも

   治った人がいる

   こんなにも

   治す方法がある

   こんなにも

   支えてくれる人がいる

   そしてこんなに多くの

   勇気と希望

         川竹文夫

   NPO法人ガンの患者学研究所代表



第2回千百人集会

   (治した100人と治したい1000人

    1100人の笑顔がはじける希望の集い)

日程 2010年6月3日(木)〜4日(金)

    12:00〜16:00

場所 パシフイコ横浜会議センター

問い合わせ 045−962−7466

        (ガンの患者学研究所)

主催  NPO法人ガンの患者学研究所
     http://www.naotta.net/index.html

協力  日本ウエラー、ザンウエル学会
posted by 夢老人 at 12:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

40年前に癌療法の誤りを指摘した医師がいた

アメリカでは20年前、「抗癌剤が癌に無力であるばかりか

増癌剤である」という結論を出し、1990年以降

食事療法、栄養療法など代替医療の研究、導入に

力を入れてきております。

その結果ここ20年間、毎年癌死亡者数が減少し

10万人当たりの死亡者数比率では2年前日本を

下回りました。

ところが、日本ではいまだに標準治療が抗癌剤、

放射線、手術の3大療法でアメリカとは逆に

年年死亡者数を増やし続けております。

ところがその日本で、40年前(1964年)に

3大療法は間違っているということを断言した

医師がいたのです。

当時ガンセンター中央研究所長で、世界的ガン学者

として名を馳せた中原和郎博士です。

  「〜ガンだからといって、腫瘍やガン細胞のことだけ

つつきまわしているのでは話にならない。

これは、これまでガンを病理学者が主になって研究

してきた間違いである。

〜中略〜要するに患者の抵抗力との相互関係という

視点で考えるべきで、ガン研究は新規まき直しをして

やり直すべきだ。」

「だから、ガンにたいして体が本来持ってる抵抗力を

増強することに、努力を払うべきである」

これはある非公開パーテイーでの発言で、この人をしても

公に真実が発言出来ない、国が絡んだ医学会の封建的体性

があり、そのまま現在に至っているわけである。

かっては、世界最大の抗癌剤利権をほしいままにしていた

アメリカ国立ガン研究所でさえも自らの誤りを認め

代替療法の研究、導入に方針変更し成果を

上げているのに、なぜ日本が出来ないのか。

抗癌剤の副作用で年間約25万人(総死亡者34万人の80%)

が死亡していると推定されているのに、国は平気の平左。

そして100人200人のインフルエンザ死亡者のことでは

大臣まで飛び出して大騒ぎ、やはり利権がらみの

魅力なのでしょうか。

殺される国民はたまったものじゃありません。

大学病院、ガンセンターの3大療法が最高だと思い込ん

いるかたは、残念ながら天国行きの確立が

高まると覚悟してください。

参照 「病院に行かずに治すガン療法」

                 船瀬俊介著 

posted by 夢老人 at 19:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。