2010年08月29日

抗癌剤の功罪

抗癌剤にはいろいろな種類がある。

また剤形も飲み薬、注射や点滴、

塗り薬もある。

注射や点滴も一気に静脈注射する

ものもあれば1日以上かけてゆっくり

点滴するものもある。

結局は塗り薬を除けば抗癌剤は

血液に入って全身に回る。

基本的に抗癌剤は「全て」の細胞が

分裂する過程に働きかけてその分裂を

阻止することで細胞を殺す。

ところが抗癌剤は優先的にガン細胞に

作用するものではない。

全ての細胞に作用するのだが、たまたま

ガン細胞が分裂が早いので作用しやすい

ーその程度の話である。

分裂の早い毛根細胞も真っ先に標的になり

脱毛が起こるのである。

したがって抗癌剤を使い続けることで

正常な細胞ー造血細胞、肝細胞、腎細胞などが

やられ貧血や血小板減少、肝機能障害や

腎機能障害などが表れる。

これらは血液検査の数値に反映されるが

数値に表れない副作用も多い。

毛が抜け、肌の色がくすみ、乾燥し、血管も

もろくなって、全身からみずみずしさが失われ

えもいわれぬだるさに襲われることも多い。

結局癌を殺す代償は大きい。

しかしこれでがんが治るのであれば

最後まで抗癌剤を継続する意味もあるだろう。

しかし抗癌剤で癌は根治は出来ないのである。

抗癌剤のお陰で腫瘍マーカーが安全値になったので

癌が治ったと錯覚する人が多いのだが

確かに癌細胞は小さくなるがそれ以上に

肝障害、腎障害、リンパ球の減少などにより

免疫力が落ち込んでいるためいずれガン細胞が

活気を取り戻して再発するのがおちである。

抗癌剤ではがんは根治出来ないこと

●がんを根治出来るのは自身の免疫力

 (自己治癒力ー心の持ち方も含めた)

 しかないこと

現時点での、この厳然たる真実を理解すれば自ずと

ガン治療の正しい道が見えてきます。

参照 「瀕死の医療」 大津秀一著

     日本バプテスト病院ホスピス医師
posted by 夢老人 at 10:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

癌になる決定的要因

ガンになる人が年年増加し続ける要因が

食事内容の洋風化(パン、牛乳、肉など)に

あることはさまざまなデータ、研究によって

明らかにされてきています。

したがって最近「ガンが消える食事」的な

書物が書店の店頭をにぎわすようになって来ました。

このことによって多くの皆さんが「病院や薬では

病気は治せない」『病気の原因はあなた自身の

生活や心にある。それを治せるのはあなたの

自己治癒力しかない』という厳然たる真実に

気付いてくれたら幸いと思います。

しかし食事が乱れている人でもガンにならない

人もいます。

食事に気を使っている人でもガンになる人も

1部にいます。

ガンになった人の場合で見ても

同様な食事療法、健康食品などを取りながら

治る人、治りにくい人がおります。

この差は「心の問題」または「精神的ストレス」では

ないかと思います。

ガンになる典型的なパターンは悪い食習慣に

継続的精神的ストレスが加わった場合です。

治す場合で考えると

ガンになる引き金になったと思われる

継続的精神的ストレスの解消ができるかどうかが

分かれ目になります。

そのうち特に解消しにくいのが性格的要因に

起因する継続的ストレス(超真面目、几帳面、潔癖症など)

です。

性格を直せといったって無理な話です。

しかしそれがガンの原因だったとすると

それに気付きまわりの協力も得ながら

できる範囲で努力しないことには回復は不可能です。

私自身MDKK療法を主催し僅かの症例では

ありますがさまざまな患者さんに接し学ばされました。

継続的精神的ストレスの解消なしには免疫力の

確保はできないと確信するようになりました。

したがって今後の癌療法においてはこの

心の領域が大きな比重を占めるものと思います。

顕在意識だけでは不可能なことも潜在意識に

働きかける催眠療法などで可能になる気がしてなりません。

参照 「がんの催眠療法」 萩原 優著
    医療現場におけるスピリチユアルケア

    「みえない力で健康になる」川嶋 朗著    

アフリエイト革命

アフリエイトに関心のある方なら見逃がせない
優良最安(2980円)の商材です





ラベル: 催眠療法
posted by 夢老人 at 14:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

大腸癌の原因はニトロソアミン

薬を使わずに25年、ガン、難病の治療に

驚異的な成果を上げておられる、日本の

代替医療の権威、鶴見クリニック鶴見隆史

医学博士の貴重な講演録です。

  ガンコンベンション(ガンコントロール協会)

全6回に分かれております。

2回目以降はYOUTUBE右側のメニューより

ご覧ください。

癌患者必見の内容です。


posted by 夢老人 at 23:45| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。