2011年02月26日

がん患者は玄米を食べなさい

琉球大学名誉教授  伊藤悦男 医学博士は

30数年の研究生活で世界で初めてとなる

玄米の2種類の抗癌作用を動物のみでなく

人の細胞でも実験し明らかにしました。

 1.免疫賦活作用

 2.ガン細胞アポトーシス作用

[免疫賦活作用]

 玄米の糠の部分に含まれる

 α(アルフアー)ーグルカンが免疫細胞を

 刺激し免疫能を向上させることが

 確認された。

 早い時期から証明されているきのこ類の

 β-グルカン に勝るとも劣らない作用が

 確認されたと言う。

[アポトーシス作用]

 ガン細胞は解糖系(低体温、無酸素で

 エネルギーをつくる)で糖質からエネルギーを

 つくり増殖しますが、、このガン細胞がつくる

 エネルギーを無駄なエネルギーに変えることで

 アポトーシスを招くことが確認された。

 しかもこの作用は、正常細胞には働かず

 ガン細胞にのみ作用するという願って

 もないものだった。

尚この研究はサッポロビール、ダイセルと共同で

進められ、抗癌新薬開発まで持っていく予定が

バブル崩壊も影響し又当時の厚生省の

「これまでの抗癌剤のカテゴリーにない

 新しい作用機序の抗癌剤は、申請を

 認めることが出来ない」との1言で挫折した。

参照 「がん患者は玄米を食べなさい」

    琉球大学名誉教授 医学博士 伊藤悦男 著

 
ラベル: 玄米
posted by 夢老人 at 17:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

アメリカ医師のがん患者に対するアドバイス基本事項

アメリカ医師のがん患者へのアドバイス基本事項
アメリカでは1900年以降、分子栄養学に基づいた
食事療法を基本にさまざまな代替医療の研究が進み

年年癌発症率、死亡率を低下させています。
このままの状態が続けば日本の年間癌死亡者数を

人口3倍のアメリカの癌死亡者数が下回ることは
近い将来確実です。

この情報を知りながら日本の厚生労働省は
アメリカが国策として力を入れている代替療法を

「科学的根拠がないインチキ療法」として
取り上げようとしません。

年間25万人強の国民が抗癌剤放射線の副作用で
殺されているのにです。

ここにアメリカなどのドクターが行っている癌患者への
アドバイスの基本的事項をご覧ください。

 1.白砂糖、精製された小麦粉は食べないこと。   
   カロリーだけの食品は体内で無酸素でエネルギーに
   なります。
   無酸素のエネルギーはガン細胞が最も好むものである。
   アメリカ、カナダの代替療法の医師は点滴のカロリーも
   低めにするよう指示している。
 2.肉類、乳製品は避けること。 
 3.動物性脂肪、リノール酸などの食用油を避けること。   
   アメリカではフラックスオイル(亜麻仁油)以外は取らないよう
   指導する。
 4.食品添加物、保存料、農薬などは可能な限り
   体内に入れない。 
  
 5.塩分は極力0にする。 
 6.電子レンジは使用しない。
以上の注意点を守って食事は和食メニューとする。

 7.癌に有効とされるきのこ等を食べる。 
 8.どの食品をとるにせよ植物ミネラルと植物栄養素を
   体力回復の基礎とする。 
 9.コーヒー浣腸を1日2~4回習慣化する。  
   (肝臓強化に効果有)
 10.楽しく笑いのときを過ごす。    
           (「アメリカはなぜ癌が減少したか」より)

参照  「アメリカはなぜ癌が減少したか」      
          癌コントロール協会代表 森山晃嗣 著 
posted by 夢老人 at 17:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

分子標的薬

これまで抗癌剤治療の中心的適役割りを果たしてきたのが

化学療法薬でした。

ところが20世紀の終わり頃から新しいタイプの

抗癌剤である分子標的薬が登場し現在に至っています。

今後はこの分子標的薬が抗癌剤の中心に

なっていくだろうと言われています。

●従来の抗癌剤(化学療法薬)

 ガン細胞だけでなく正常細胞も同じように攻撃するため

 免疫力に多大なダメージを与え多くのがん患者を死に至らしめてきた。

●分子標的薬

 その点、分子標的薬は、がん細胞が持っている

 ある特定の分子をターゲットにするので、

 がんに対する特異性が高いという特徴があり、

 正常細胞を攻撃することはない。

これだけ見ると免疫力を破壊する副作用がなく

夢の抗癌剤のように思われますがやはり薬だけに

深刻な新たな副作用を生んでいるようです。

●抗癌剤の副作用

 特徴ー各種の抗癌剤に共通性がある

 白血球や血小板が減少する骨髄抑制

 脱毛、消化管の粘膜障害による口内炎や下痢

 免疫力減退による他の癌の増殖、感染症の発症

●分子標的薬の副作用

 特徴ー特定の癌しか効かない点と生体反応の

     阻害剤という性格から 頻度は低いのですが、

     副作用が強く出る

     心不全、血栓症や高血圧、消化管穿孔

     間質性肺炎(イレッサによる日本人の発症は58%)

分子標的薬の研究は精力的に続けられているようですが、

完璧な分子標的薬が完成したとしてもこれはあくまでも

対処療法でしかなく癌体質の根本的改善ではないわけで

すからこの点癌患者さんは注意する必要があります。

王道はあくまでも本人の免疫力(自己治癒力)を正常に

戻すことで栄養素を意識した玄米菜食、心の問題、運動などの

補助手段として分子標的薬も利用すると考えるべきものと思います。

===========================================
   残念ながら、
分子標的薬も含めて、
「クスリではガンは治らない」
という真実は、
ほぼ永遠に続くように感じます。
     医学博士梅沢 充 ブログより

  (「間違いだらけの抗癌剤治療」の著者)
==========================================


参考  「自然免疫力を高める」長浜陽二著

     分子標的薬ががん治療に新しい流れをもたらす

     第2段階に入った分子標的薬の長所と短所             
       がんサポート情報センター 
posted by 夢老人 at 06:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。