2009年10月27日

癌治療で西洋医学と決別した医師

外科医として1000人以上の癌患者の手術で

辣腕を振るい、その後青森県田子町町立病院院長として

先駆的な病院改革を行い全国の注目を集めた西洋医学の

スーパースター横内正典ががん治療に無力な西洋医学と決別

したのは1993年でした。

がん患者を助けたいという一念から26年間の外科医生活を

捨てた勇気には頭が下がります。

ガンは手術で治ると信じて外科医を志したのが1971年

〜中略〜全治全能を傾け昼夜を分かたず癌治療に

没頭してきたことはいうまでもない。」

しかし「ガンは私達外科医の努力を嘲笑うかのように

再発し癌患者の命を奪っていった」

「いかに上手く手術しても、化学治療、放射線治療を

しても現代医学は癌を治せないのではないか」
肝臓癌の父の手術を担当しながら助けることができず

西洋医学の無力を確信し、本当のがん治療を追及するため

病院長の地位を捨て東京で自由診療の個人開業医を

開業した。

全く新しい分野の漢方学、気功をマスターしオーリングテストを駆使し

西洋医学も含めた独特の統合医療を確立し

末期がん患者主体に治療を続けている。

「私を信じて治療を受けたが生還することのできなかった

千人を越える癌患者さんたち....皆さんの死が決して

無駄な死になっていないことは、以後末期癌から生還した

患者が100人を超える事実(1997年12月時点)からお許し願いたい。」


いまだに抗がん剤を平然と使用する医師とは雲泥の差です。

 上記「」内の文章は下記書籍からの引用です。

 「末期癌の治療承ります」 横内正典著

 「究極の癌治療」 横内正典著



     横 内 医 院
ラベル:横内正典
posted by 夢老人 at 08:55| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
院長の著書を深く読んでくださりありがとうございます。
私たちスタッフも夢老人さんの記事を読んで勉強していこうと思います。
横内醫院のスタッフブログにも夢老人さんを紹介させていただきました。宜しければご覧下さい。


前田敦子より
Posted by 横内醫院のスタッフです at 2012年09月05日 17:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。