2011年11月11日

がん予防の食事提言

2007年に世界がん研究基金(WCRF)が発表した
がん予防のための提言です。

イエス、ノーで答えてノーが6つ以上ある人はガンが忍び寄っている
可能性があります。

1.野菜、果物、精製度の低いでんぷん主体の主食など、
  植物性食品中心の食事を取る。
  痩せにならない程度に痩せる。
2.毎日30分以上の運動をする。(早歩きにような
   中程度の運動)
3.高カロリーの食品を控えめにし、糖分が加わった
  飲料を避ける。(フアーストフード、ソフトドリンクなど)
4.いろいろな野菜、果物、全粒穀類、豆類を食べる。
   (野菜と果物は1日400グラム以上)
5.肉類(牛、豚、羊など。鶏肉は除く)を控えめにし
  加工肉(ハム、ベーコン、ソーセージなど)を避ける。
  目安は週500グラム未満。
   (注)日本人の場合は週200グラム未満という
      主張が多い。
6.アルコール飲料を飲むなら、男性は1日2杯、女性は
  1杯とする。(1杯は10~15ミリリットル)
7.塩分の多い食品を控えめにする。
8.がん予防のためサプリメントは使わない。
9.生後6ヶ月までは母乳のみで育てるようにする。 
  (母親の乳がん予防と小児の肥満予防)
10.治療後のがん体験者は、がんの再発予防のため
   1~9に推奨したことにならう。
posted by 夢老人 at 19:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。