2011年11月30日

アメリカの食事指針 動物性食品の害

「よく欧米人の腸は日本人と比べてみじかいといわれます。
そしてこうした違いは先天的のものであるような

いわれ方をしております。
でも、それは間違いです。

私は後に食事を改善した 患者さんたちの腸から
、アメリカ人の腸も、本来は日本人と同じように

、長く柔らかいものであることを学びました。
彼らの腸が硬く短くなっていたのは、過剰な

動物食によって後天的に変化したものだったのです。
腸の長さやかたさ、腸管の中のようすである「腸相」は

食事によって大きく変化します。
ですから、これは嘆かわしいことなのですが、

30年ほど前まではあれほどきれいで大腸ポリープなど
ほとんどなかった日本人の腸も、最近では

動物食の増加に伴い、硬く短いものになり、
「腸相」が、悪化するとともに、生活習慣病が

急増の一途をたどっております。」
 「病気にならない生き方2(実践編)」新谷弘美著より
ラベル:新谷弘美 腸相
posted by 夢老人 at 05:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。