2011年11月30日

アメリカの食事指針

1977年に提言されたマクガバンレポート以来
アメリカは着実に食事の改善がすすめられ

がんなどの生活習慣病に成果を上げております。
そのポイントが動物性蛋白脂肪の低減ですから

酪農業界から強烈な抗議を受けたアメリカ政府は
国内消費の減少分を海外に求め、その最大の

得意先が日本だったわけです。
この結果、アメリカは病人が減少し続けているのに対し

日本は世界一の生活習慣病大国になったわけです。
アメリカ一辺倒の日本政府は国民の健康を無視し

アメリカ国民の健康に協力しているわけです。
『アメリカでは公的健康機関が率先して

 「動物性食品の摂取を極力減らす指導」を
  やっております。
 政府(米国農務省と米国厚生省)はもっと
 果物と野菜の摂取量を増やすことを国民に
 徹底させようと、多数の民間健康増進団体と
 協力し
  「5aDAY(1日最低5サービングの果物と
   野菜をとろう)キャンペーン」 を行っております。
 果物と野菜にあわせて、白く精製されていない
 全粒穀物、豆類、木の実や種子類で食事を
 構成し動物性食品をとる場合は、肉より魚を
 選び肉を食べる場合は「脂肪のないところを
 フレーバー(味付け、風味)程度使うように」と
 いうのが2000年度に改定された
 「ダイエタリーガイドライン(食事指針)です。』

注 1サーブーリンゴなら1個(160g)
      バナナなら1個(130g)
      オレンジなら1個(160g)
      生の緑葉野菜なら1カップ
      野菜ジュースなら 3/4カップ
        (1カップは225ml)
参照 「常識破りの超健康革命」松田麻美子著
にほんブログ村
posted by 夢老人 at 05:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。