2013年10月23日

 MDKK療法あれこれ(3)

●秋田県能代市 70台女性 大腸癌
 2009年2月本人の娘さん(埼玉在住)より電話あり。
 「ブログで内容は一応理解しているのでMDKK療法をやりたいが

 がん治療の前に心臓疾患の手術が数日後に決まっています。
 そのあとのガン治療では抗がん剤が予定されていますが

 何としても抗がん剤は避けたいのでよろしく」とのことでした。
  「この年では心臓の手術だけでも体力の消耗が危惧されますし

   そのうえ抗がん剤をやったら死の確立が高まります。
   MDKK療法をすぐスタートすれば心臓手術の体力消耗も

   防げますし、その後時間稼ぎをやってMDKK療法を継続すれば
   抗がん剤の必要もなくなります」と申し上げて
    万田酵素秘伝、D-フラクション、還元水素水を即発送しました。
   個体マイナス水素は手続きが間に合わず後日ということで。

3月に入って、手術後の経過につき娘さんから次のようなメールを
いただきました。≪了解をいただき原文のまま紹介します>

「先月の月末に母の手術が無事終わりました。
 手術前の3日しかMDKK療法が出来ませんでした(固形マイナス水素イオン無し)が、
 手術の予後がよく、普通より回復が早いと看護師さんたちが驚いていました。
 それに手術を終えたばかりだというのに顔色も悪くなく、私はこの療法のおかげだと思っております。

 あまり予後がいいですし、私も子供を置いてきてるので早々に埼玉に戻ってきました。
 またおって報告をさせて頂きたいと思いますので、よろしくお願いいたします」

ところが、娘さんが埼玉に帰っている間に能代の病院では大変なことが起きてしまいました。
娘さんがいないのをいいことに、病院では執拗に抗がん剤の治療を薦めたため、母親も

断り切れず1回だけ了承したのです。
この結果の母親の感想は
  「吐き気が続き、体がだるく、頭は痛むし、食欲はなくなり、苦しみもがいておりました。
   こんな抗がん剤は2度とやりたくありません。地獄の苦しみとはこんなことを言うのじゃ
   ないでしょうか」

これから1か月後、退院した直後単身能代から埼玉の娘のところに元気な顔を見せに来てくれたと
驚きのメールをいただきました。
posted by 夢老人 at 06:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。