2013年10月23日

MDKK療法あれこれ(4)

●宮城県丸森町 70歳台女性 大腸がん
  地元の病院で大腸がん末期と診断され某大病院への紹介状が出されたところで
  本人の息子さんから(私のブログを見てのことと思います)相談があり、話が聞きたいというので

  本人、娘さん、息子、息子の奥さん、4人にKさんと会ってもらいました。
  私はいなかったので、後ほどKさんから報告受けました。

  話会いは1時間に及んだそうですが、娘さんが終始反対し、「医者でもない人がこんなことできるわけな  い、絶対詐欺だ」と最後まで反対したそうですが、息子の一言で即日実行することになり、その日の夜に  は、還元水素水の機械(30万円)の設置も完了し、翌日には、万田酵素秘伝、D-フラクション、
  高級ジャスミン茶(体温向上に効果あり)をお届けしました。

  紹介状が出された段階で、即大病院に行くよう言われましたが、適当の理由をつけて大病院に行く
  日にちを延ばしてほしいとお願いし2週間延期しました。

  その間にそれぞれの健康食品を計画通り服用していただき、大病院の
  検査に臨みました。

  検査の結果は、腫瘍も小さく緊急を要するような状態じゃないとのことで
  地元病院の見解とは全く異なった見解だったそうです。

  念のため1か月後に再検査となり、その結果は問題なしで、検査入院だけで
  退院したと聞いておりました。

  ところが、後日本人から聞かされた話には唖然としました。
  たまたまその病院に親戚で医師の方がおり、その人を通して

  これだと病院としては収入がないので、手術をやったという
  ことにしたいので簡単な手術に応じてほしいといわれ、仕方なく

  腹部に小さな穴をあける手術をしたそうです。
  これが今の日本の病院の実情です。

  患者の病気より病院の収益が重要なのです。
  MDKK療法以前にKさんは、同様なことを3件ほど体験したそうです。

  その後本人は1年後から好きなグランドゴルフを再開しました。
  ところが、昨年腰と膝に痛みを感じ病院に行ったら脊柱管狭窄症と

  診断されたと相談があったので、岐阜の中村司医師のホームページを
  紹介し息子さんに調べてもらいよかったら「ホットパック」を使って

  見てくださいとアドバイスしました。
  数日後会いましたら,良さそうだというので「ホットパック」を購入

  したそうです。
  半年後、痛みやしびれが収まり、グランドゴルフに復帰したそうです。

  腰痛膝痛の方は遠赤外線治療器で徹底的に温めれば短期間に痛みは
  とれる方が多いのですが、根本的なところはミネラル不足に起因する

  
posted by 夢老人 at 06:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。