2013年10月24日

MDKK療法(最終)

MDKK療法の主軸だった万田酵素(秘伝)の製造が中止になったことで
20年間かけて築き上げた健康食品の組み合わせが崩壊したため
2年弱の命のMDKK療法でしたが様々な人間ドラマを見せていただきました。

問い合わせをいただい方が約20人。
実際に採用いただいた方で復帰された方は  6人
MDKKでも回復は難しいとお伝えしたのに、家族の要請で服用し1時の平安を
体感し、旅立たれた方  3人
始めたのに途中で中止し、結局は病院に戻ったりした人が4人
 このうちその後数か月で死亡した人が3人、1人は不明
10人くらいの人は関心なしで、なかには詐欺療法だから
訴えてやると喚き散らす人も数人いました。

問い合わせだけの、10数人には、日本のガンセンターやら大学病院の
治療(国で定める標準治療)がなぜがんを治せないのかの理由をわかりやすく

説明したメールを送らせていただきました。
また私が知りえた範囲で、統合医療の名医がいる地区の方には、その病院の

所在もお知らせいたしました。
例えば、関東地域では、
  横内クリニック(横内正典)、御茶ノ水クリニック(森下敬一)、
  帯津三敬病院(帯津良一)、鶴見クリニック(鶴見隆史)他

また、e-クリニック(岡本裕)は全員に紹介いたしました。
ここは会員になるといつでも気軽にガン療法について個人個人にあった

治療法を専門スタッフ医師がアドバイスしてくれます。
先に紹介した周南市の予防医学専門病院の沼田光生医師もスタッフ医師の

1人です。
また会員じゃなくてもe-クリニックのHPを見るだけでも正しいガン療法を

知ることができます。
MDKK療法での短いわずかな体験でしたが、様々な方と意見を交わした

中で感じたのは、日本人共通の特徴ではありますが、正しい健康医療情報に
疎いことです。

スポンサーの意向に沿って情報操作されたテレビなどの健康情報をそのまま
信じているという悲しい現実がそこにあります。

MDKK療法でも正しい情報を理解しているか、そうでないかの差が生死を分けた
感じがしてなりません。

しかし、このような健康食品重視の療法というのは、代替療法に共通する正しい手順
(ガンの本質を理解したうえで、ストレスの解消、正しい食事療法、運動など)を

実施したうえで、補足的に試してみる程度のものと考えるべきだと悟らされました。
そういった意味では、MDKK療法が短期間で消滅したことは、結果的には良かったと

おもっております。
posted by 夢老人 at 06:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。